古畑任三郎(第1シリーズ)の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

古畑任三郎(第1シリーズ)の動画を無料視聴する方法

「古畑任三郎(第1シリーズ)」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々976円で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

古畑任三郎(第1シリーズ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

こちらの作品もオススメ
<見逃し動画>最終回(第12話) 「最後のあいさつ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第12話)の公式あらすじ

警視庁のベテラン警視・小暮(菅原文太)が、クリーニング店員の生原(鈴木隆仁)を射殺した。小暮は二年半前に孫娘を殺されていた。その犯人として生原が捕まったのだが、生原は証拠不十分を理由に裁判で無罪となり釈放された。小暮は、あくまで生原を犯人と確信している。
張り込みを装って、小暮は一人で出かけ、安ホテルの二階の一室を借りた。そこからは、表通りをはさんでバーとクリーニング店が見える。生原が店を出るのを見て、こっそりホテルを抜け出す小暮。生原を射殺した現場に、暴力団がよく使うピストルを捨ててヤクザ同士の抗争に見せかけた。
この殺人を担当した古畑任三郎(田村正和)は、部下の今泉(西村雅彦)と共に、安ホテルで張り込み中を装う小暮に事件を報告。そして小暮のアリバイは、思わぬところから崩れていく・・・
 
<出典>FOD公式

最終回(第12話)のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
最終回(第12話)の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第11話 「さよなら、DJ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第11話の公式あらすじ

人気歌手の中浦たか子(桃井かおり)が、付き人のエリ子(八木小織)を殺した。
たか子の恋人だった作曲家をエリ子は奪った。たか子は、担当する深夜番組の生放送中に合間を見つけてスタジオを抜け出し、ラジオ局の駐車場で待っていたエリ子をスパナで殴りつけた。何食わぬ顔してスタジオに戻り、放送を続けるたか子。
古畑任三郎(田村正和)と部下の今泉(西村雅彦)は、たか子の依頼を受けて、ラジオ局に来ていた。このところ次々に脅迫状が舞い込むため、古畑がたか子の身辺を警護していたのだ。そんなとき、エリ子の死体が発見される。捜査に乗り出す古畑。たか子は、エリ子が自分の身代わりに殺されたように装う。
だが、古畑は現場に落ちていたタバコの吸殻を見て考え込む。たか子がスタジオを抜けたのは、わずか3分だけ。今泉がどんなに走ってみても、現場の往復に7分はかかる。果たして古畑はたか子の犯罪をどう見破るか・・・
 
<出典>FOD公式

第11話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第11話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第10話 「矛盾だらけの死体」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第10話の公式あらすじ

宇野代議士(森山周一郎)の秘書・迫水茂雄(小堺一機)は、宇野の愛人・マリ(泉本のり子)を殺した。
マリのマンションで別れ話がこじれ、部屋を飛び出そうとしたマリを止めようと迫水が押し倒したはずみに、マリが気を失ってしまった。迫水はマリをベッドに運び、睡眠薬の錠剤を一粒ずつ根気よく飲ませていく。宇野はそれを平然と見つめていた。その後、迫水は後処理をめぐってカッとなり、置物で宇野をなぐりつけて昏倒させる。そして、迫水は部屋を抜け出した。
マンションで古畑任三郎(田村正和)が現場検証をしていると、そこへ迫水が戻って来た。迫水は、マリから自殺すると電話があり、あわてて駆けつけたように装う。だが古畑は、現場の状況と迫水の証言に矛盾を感じていた。
宇野が警察病院に収容され、一命をとり止めたと知ってあわてる迫水。だが、宇野は当時の記憶を失っていた。同じ病院に入院していた部下の今泉(西村雅彦)を使って、迫水に揺さぶりをかける古畑。しぶとい迫水・・・
 
<出典>FOD公式

第10話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第10話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第9話 「殺人公開放送」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

霊能力者の黒田清(石黒賢)が河原の石の下に赤いスカーフを置いたところを、チンピラ風の中島が見ていた。霊能番組にも出演してテレビ界の人気者でもある黒田。そのトレードマークのようなサングラスとライダージャケット姿で黒田と気付いた中島は「何をしていた」としつこく絡む。挙句の果てに取っ組み合いとなり、はずみで土手から落ちた中島は、河原の石で頭を打って死んだ。あわてて死体を草むらに隠し、バイクで立ち去る黒田。
テレビ局で霊能番組の公開録画が始まった。スタジオには、古畑任三郎(田村正和)と部下の今泉(西村雅彦)も観客として来ていた。
霊視で河原の赤いスカーフが映るという黒田。現場にとぶ取材班。だが、そのカラクリをゲストの科学者・神宮(山口崇)に見破られた黒田は、ついに死体が見えると言い出した。そして、取材班に発見される中島の死体。感心するスタッフ、観客。勝ち誇る黒田。だが、古畑は収録したテープから、黒田の犯罪を立証していく・・・
 
<出典>FOD公式

第9話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第9話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第8話 「殺人特急」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

特急列車内で二人の男が話しあっている。浮気中の女性との関係を興信所の所長・宍戸(河原さぶ)につかまれ、証拠写真まで撮られた外科医・中川純一(鹿賀丈史)。宍戸は、依頼主である中川の妻にすべてを明かすという。説得しても聞き入れない宍戸を座席で殺した中川は、証拠のフィルムが隠されているらしいコートを奪って自分の席に戻った。
車掌が宍戸の死に気付く。古畑(田村正和)は、車内に居合わせた医師として中川に協力を求める。何食わぬ顔をして古畑の捜査に協力する中川は、心臓発作による病死をにおわせる。虚々実々の駆け引き。だが、古畑の鋭い観察力と推理が、中川の仮面をはいでいく。そして古畑は、ある実験を試みる。
 
<出典>FOD公式

第8話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第8話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第7話 「殺人リハーサル」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

時代劇の人気スター・大宮十四郎(小林稔侍)が、撮影所内で立ち回りのリハーサル中、相手の悪役・城田(長谷川初範)を殺してしまった。
城田が打合せとは逆に動き、大宮の打ち込んだ刀がまともに当たってしまう。しかもイミテーションのはずの刀が、どう間違えたのか真剣だった。城田の死は、誰が見ても事故であった。
城田は映画会社の御曹司で、この撮影所の所長。出たがり屋でこれまでにも何本かの映画に出演しているが、この映画を最後に撮影所を閉め、スーパーマーケットにする予定だった。
小道具係りの山本は、イミテーションの刀の中に間違って本物を入れてしまったと告白。だが、古畑(田村正和)は、大宮が本物の刀と知った上での計画的な殺人と睨んでいた。そんなとき古畑は、スタジオであるポラロイド写真を拾う・・・
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第7話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第6話 「ピアノ・レッスン」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

塩原音楽学院の理事で有名ピアニストの井口薫(木の実ナナ)が、理事長の川合(中丸新将)を心臓発作に見せかけて殺した。翌日に控えた塩原・前理事長の葬儀でレクイエムを弾くことになっていた川合。薫は、リハーサルのため、ひとり舞台でピアノに向かうリ川合の首筋にスタンガンを押しつけ、電気ショックを与えた。発作を起こした川合は、ステージの床に倒れる。
何食わぬ顔して海外に旅立つところを学院に呼び戻される薫。川合に代わってレクイエムを弾くためだった。才能は川合より数段上と言われながら、塩原の家族に疎まれている薫は、川合の経営方針に批判的だった。そして、予定通り行われた塩原の葬儀で、薫が弾いていた曲は、なぜかレクイエムではなかった・・・
古畑任三郎(田村正和)は、持ち前の鋭い観察力と推理で、薫の擬装を打ち崩していく。
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第6話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第5話 「汚れた王将」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

将棋のタイトル戦挑戦者・米沢八段(坂東八十助)が、第4局・1日目の対局が終わった夜、立会人の大石(小林昭二)を殺してしまった。大石が浴室でシャワー中に事故死したように擬装する米沢。
タイトル戦の第1日は米沢の「封じ手」で終わった。だが、米沢は用紙に次の指し手を書き込まず、白紙のままで封じた。それに気付いた大石は夜、米沢の部屋でその真意をただす。そして、すべてを明らかにする、と席を立つ大石。米沢はその頭部を、そばにあった灰皿で殴りつけた・・・
今回は、部下の今泉(西村雅彦)とともに、たまたまタイトル戦の会場となった旅館に泊まり合わせた古畑が、米沢の擬装を見破っていく。「封じ手」に隠されたトリック、逆転の敗着となった「飛車」に秘められたナゾ。鋭い観察力に裏打ちされた古畑の推理が冴える。
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第5話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第4話 「殺しのファックス」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

妻を殺して狂言誘拐劇を仕組んだ人気推理作家・幡随院(笑福亭鶴瓶)の、ファックスを利用したトリックに挑戦する。殺した妻を山中に埋めた幡随院は、山小屋に置いたファックスに数枚の脅迫文をタイマーでセットし、何食わぬ顔でいつも仕事場にしている都心のホテルに戻った。
幡随院の部屋で待機する蟹丸警部(峰岸徹)ら誘拐犯専門の刑事たち。その中にまじって、部下の今泉(西村雅彦)を連れた古畑(田村正和)もいた。部屋のファックスに次々と送り込まれてくる、身代金三千万円を要求するなどの脅迫文。振り回される捜査陣。
だが古畑は冷静に事件の推移を見つめ、幡随院を観察していた。そして、ファックスに秘められたトリックに気付き、幡随院への疑惑を深めていく・・・
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第4話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第3話 「笑える死体」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

笹山アリ(古手川祐子)は有能な精神科医。
帰宅したアリはマンションの自室に入った途端、大きな音に驚かされる。見ると田代(羽場裕一)がクラッカーを手にして立っていた。愛人関係にある田代は、アリの三十歳の誕生日を祝いに来たのだった。だが、田代には別に付き合っている彼女がいた。部屋は飾りつけられ、テーブルにはケーキなどが並んでいる。
アリはこの田代を強盗に見せかけて殺し、正当防衛を装う。
部屋を片付け、飾りつけやケーキなどをゴミ袋に入れて捨てた後で110番するアリ。そして、部下の今泉(西村雅彦)を連れた古畑が登場。古畑は、強盗の侵入経路などに不審を抱く・・・
相変わらず柔らかな物腰、そして鋭い洞察力に裏打ちされた古畑(田村正和)の推理が冴える。
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第2話 「動く死体」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

誤って殺してしまった劇場の警備員を、舞台の天井から転落したように見せかけ、何食わぬ顔で捜査に協力する歌舞伎役者・中村右近(堺正章)の仮面をはいでいく。
菊座で「義経千本桜」を公演中の右近は、出を待つ自分の楽屋で警備員の野崎(きたろう)を殺してしまう。野崎は右近のひき逃げを目撃し口止め料を受け取っていた。だが、耐え切れなくなった野崎は、それを返し警察に全てを話すという。それを引きとめようとしてもみ合ううちに、野崎は倒れて頭を打って死んだ。
舞台がはねた後、右近は苦労して死体を運び偽装工作をする。腕時計も壊し、犯行時刻をごまかした。
その後、部下の今泉(西村雅彦)を連れて、古畑(田村正和)が登場。殺人を確信する古畑は、右近と接触するうちに次第に疑惑を深めていく。そして、古畑が見せる最後の決め手とは・・・
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
作成後、公開いたします
第2話の感想はここをクリック
作成後、公開いたします

<見逃し動画>第1話 「死者からの伝言」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

恋のもつれから編集長を別荘の地下金庫室に閉じ込めて殺しながらも、事故死を装う人気コミック作家・小石川ちなみ(中森明菜)の作意を見破っていく。
山道沿いにある豪壮な洋館がちなみの別荘。ちなみはその地下金庫室に編集長の畑野(池田成志)を閉じ込め置き去りにした。3日後、ちなみが戻ったとき、畑野は死んでいた。ちなみは素知らぬ顔で警察に110番し「1ヵ月ぶりに来て見たら死んでいた」と説明。
古畑は豪雨の中、別荘の近くで部下の今泉(西村雅彦)と共に車のガス欠で立ち往生していた。電話を借りに、たまたま別荘に立ち寄ったところ、ちなみから事情を打ち明けられる。ちなみの傍を離れないゴールデン・リトリバーの万五郎・・・
死体のそばに、くちゃくちゃに丸めて残された原稿用紙は何を意味するのか?古畑(田村正和)の推理が冴える。
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
犯人は人気少女漫画家・中森明菜!
主人公の小石川ちなみ(中森明菜)は、人気少女漫画家。

 

編集者の畑野と一緒に別荘に来ていました。ちなみは畑野を地下倉庫に閉じ込めます。

 

一度その場を離れ、3日後に見に行くと、狙い通り畑野が死んでいました。そして冷静に「遺体を発見した」と警察に通報。

しかし、嵐の影響で来るのは遅れると言います。

 
 
古畑任三郎の洞察力
刑事である古畑任三郎(田村正和)とその部下である今泉(西村雅彦)の乗った車が、嵐の中立ち往生してしまいます。

 

古畑は今泉を雨の中ガソリンスタンドに向かわせますが、近くに家があることに気付き、自分はちなみのいる別荘にやってきます。「電話を貸して欲しい」と言う古畑を家の中に入れたちなみは、地下室に遺体があることを打ち明けます。

 

古畑の見立てによると、畑野は死後3日ほど経過しており、地下金庫室に閉じ込められ、中の空気を使い果たし窒息死をしたようです。

そして、さらに畑野の頭には殴られた痕があり、他殺の可能性が高いと古畑は言います。

 

ここから古畑は、すぐにちなみが怪しいとピンときます。

古畑が感じた違和感がこちら。

  • ちなみはなぜ別荘に来てすぐに地価金庫室にある遺体に気付いたのか?荷物を広げる前に金庫室にすぐに向かっている。→遺体があることを知っていた?
  • 畑野が殴られて殺されたと古畑が言うと、ちなみは「そんなはずはない。私が来たときには鍵がかかっていました。あの鍵を開けられるのは私と畑野さんだけです」と主張。なぜちなみは畑野が閉じ込められた後に殴られたと思い込んでいるのか?普通は百人が百人、逆だと考えるはずである。→閉じ込めたときには畑野は殴られていなかったことを知っていた?
  • 3日前の領収書がとってあった。ドライブインのレシートでカレー南蛮とカレーそばを食べている。一人で食べるにはおかしな組み合わせ。→連れがいたはず。
  • コンドームがあったので連れは女性だったはず。畑野の手帳には予定がびっしり。アルファベットが女性の頭文字になっている?ちなみの「C」もあった。
  • 古畑が「畑野さんと付き合っていたのか?」とちなみに確認すると、「プライベートなことは全く知らない」と言いながら「あの人、女性関係はかなり派手だったらしいですよ」と供述し、プライベートを知らないのに女性関係をよく知っていると言う矛盾。
  • ちなみは冷蔵庫にあった卵を躊躇なく使った。ちなみは「1ヵ月前にここに来た」と証言しているのに、そうであれば卵を使うのかなりの勇気がいるはず。→最近来たから、卵が新しいと知っていた?

 
ダイイングメッセージ
畑野の遺体はボールペンを握っていました。

 

自分を殺した犯人は誰なのかと言う“ダイニングメッセージ“を残そうとしたのではないか?

 

畑野が握っていた紙は、ちなみの漫画の原稿でしたが、そこに畑野のメッセージは書かれていませんでした。ではそのページに何か意味があるのか?

 

しかし金庫室は真っ暗だったはず。畑野は自分が何の紙を握っているかを知ることができなかったはずです。

 

 

しかし畑野はしっかりとメッセージを残していたのです。

紙とキャップを外したボールペンを持って、犯人の名前をかける状態なのに、何も書き残さないと言うメッセージ。

 

畑野は、自分の遺体を1番最初に発見するのは、間違いなく犯人であると知っていたのです。

 

自分は犯人の名前をかける状態であると示しながら、あえて何も書かなかった。なぜなら、名前を書けば、犯人がその紙を隠ぺいしてしまうから。

 

それが畑野の残したメッセージだったのです。

「俺を殺した犯人は、俺の遺体を1番最初に発見した人物である」と。

 

では頭の傷は?

遺体が発見されても、事故として処理されてしまえば、警察は犯人探しをしてくれません。だから畑野は、なんとしてでもこれが他殺であると言う証拠残さなければならなかったのです。畑野の頭の傷の謎、畑野を殴ったのは畑野本人だったのです。

 
 
決定的な証拠
それともう一つ、決定的な証拠がありました。

 

金庫室に畑野のスリッパは片方しかありませんでした。畑野が金庫室に入ったときに、畑野のスリッパを片方だけ持ち去ったものがいるのです。そんないたずらをするのは、犬しかいません。

ちなみはゴールデンレトリバーを連れていました。

 

「今日来たときにスリッパを持っていったのかも」

と最後の言い逃れをしようとしますが、今日は雨が降っていたため犬の足は泥で汚れていました。しかし現場に泥はありませんでした。これは今日、犬が現場に入っていないことを意味します。

 
 
動機
殺人の動機は、単純な痴情のもつれでした。

 

若くして売れっ子となった世間知らずの恋愛少女漫画家が、遊び人の編集者に本気の恋をして、ただ遊ばれていることに気づいた。だから殺したのでした。

第1話の感想はここをクリック
この話、見た事ある!と思いました。古畑シリーズは好きなので多分1度は見たことあると思うし、そうでなくても、このダイイングメッセージの謎解きはその後何度も使われたりしているんじゃないかな?

 

ダイイングメッセージと言うもの自体が流行った時期があったし、「何も書かないことこそがダイイングメッセージだった!」と言うネタ、かなり斬新で、でもすごく説得力があって、衝撃を受けたのを覚えています。

 

多分これと全く同じではなくても、同じようにダイイングメッセージを残したいけど、「犯人に消される恐れがあるため何かしらの工夫をする」、といった謎解きのストーリーがその後もたくさん書かれたのは、この話が原点となっているのだと思います。
 
 
まず古畑任三郎シリーズが始まって、すごく面白い!と思ったのは、最初に犯人が分かってしまうことです。

普通刑事ドラマと言うのは、最初に遺体が発見され、刑事がやってきて、遺体との関係者を洗っていって、犯人にたどり着く、と言うものですよね?

 

古畑任三郎シリーズでは、必ず1番最初のシーンで犯行が行われる様子が描かれます。犯人も、殺しの手口もわかってしまうのです。

 

しかもその犯人が、今をときめく俳優さんや女優さん、アイドルだったりするのがまた斬新でしたよね!中森明菜さんも当時、「明菜かキョンキョンか」というくらい2大アイドルだったらしいですもんね!

SMAPやイチローさんなども犯人になりましたもんね!本当に伝説のドラマです。

古畑任三郎(第1シリーズ)の内容

公式サイト

柔らかい物腰のうちに秘めた卓越した推理力。警視庁捜査一課の殺人事件担当・古畑任三郎(田村正和)が、完全犯罪をたくらむ犯人たちと対決していく人気ドラマシリーズ第1弾。

<出典>FOD公式

<出演者>

古畑任三郎:田村正和(中学時代:山田涼介)
今泉慎太郎:西村雅彦
西園寺守:石井正則(アリtoキリギリス)
向島音吉(東国原音吉):小林隆(中学時代:タモト清嵐)

<各話の視聴率>

第1回 死者からの伝言 14.4%
第2回 動く死体  13.8%
第3回 笑える死体 12.9%
第4回 殺しのファックス 12.4%
第5回 汚れた王将 16.3%
第6回 ピアノ・レッスン 13.4%
第7回 殺人リハーサル 13.0%
第8回 殺人特急 16.6%
第9回 殺人公開放送 14.8%
第10回 矛盾だらけの死体 15.2%
第11回 さよなら、DJ 15.1%
第12回 最後のあいさつ 12.3%

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

こちらの作品もオススメ

古畑任三郎(第1シリーズ)の感想

20代女性

主役の古畑任三郎を演じた田村正和さんに抱いていたイメージは、クールな2枚目、品格があってかっこいい紳士というイメージでした。
「警部補・古畑任三郎」のタイトルからして、華麗に事件を解決するキレモノ警部補をイメージしていたが、想像とは違ってコミカルな要素が満載で驚きました。
登場するときに愛用していた自転車は、ママチャリに見えて実はファッションブランド・セリーヌの限定サイクルというさりげないおしゃれがたまらなくシュール。
事件をひもとく解説シーンの格好良さ、西村雅彦さん演じる今泉慎太郎との軽快なやりとり、犯人を追い込んだ後のネタばらしは痛快で、見ていてスカッとします。
見た目はかっこいいのに、言動はどこか変。でも、推理は鋭い。そのギャップがたまらなく魅力的です。
パートナーの今泉も個性的で、二人のやりとりはまるでコントを見ているよう。
まさに、三谷ワールド全開の世界観を楽しめます。
また、ゲストも超豪華。
菅原文太さんや堺正章さん、桃井かおりさんら演技派のベテラン俳優、当時大人気だった歌姫の中森明菜さん、お笑いの笑福亭鶴瓶さんや小堺一機さん、歌舞伎役者の坂東八十助さんなど、様々な分野から異色の顔ぶれがキャスティングされていて見応えたっぷりです。

30代女性

ドラマ古畑任三郎では、最初に犯人や事件に至るまでの過程が全て分かった上で、ストーリー展開するのが面白いと感じました。また、毎回登場人物も少ないのも魅力です。そして、古畑任三郎がじわじわと犯人に詰め寄り、証拠や証言を集めていく過程が面白いです。古畑任三郎は、一体いつ犯人だと気付いたのか分からないほど自然な取り調べで、犯人のリアクションをしっかりと見ているのが凄いと感じました。そして、古畑任三郎の相棒である今泉慎太郎も良い味を出しており、ドラマをコミカルにしていると思いました。今泉慎太郎の天然なセリフと予想外の行動で、事件解決の邪魔になるかと思いきや、意外と事件のヒントになっているのも面白いです。古畑任三郎が今泉慎太郎を邪険にしているのも面白く、もっと2人の掛け合いが見ていたくなります。古畑任三郎では、毎回残酷な事件が発生しますが、今泉慎太郎の存在のおかげで暗い雰囲気を緩和していると感じました。そして、毎回犯人を自供まで引っ張る古畑任三郎の手腕が素晴らしく、完璧な推理は必見だと思います。そして、古畑任三郎が毎回ドラマのオープニングで話すセリフが、ドラマの伏線になっているのも面白いと感じました。

30代女性

第1話から、犯人役に中森明菜さんが出ていたり、小堺さんとか鶴瓶さんなど珍しい人も出ていたり、なかなか豪華なシリーズでした。第1話、第2話の段階で、今泉くんは雨の中、ガソリンスタンドまで歩かされたり、高いところに登らされたり、古畑さんにいいように使われていて、あの関係性は初期の段階から完成していたんだなという感じです。でも、今泉くんは、まだ古畑さんのことを尊敬している感じで、古畑さんの犯人に対するハッタリとか揺さぶりがうまくいくと、一緒に喜んでいて、後期とちょっと違う感じかなと思います。あと、私は古畑さんが何かを食べる描写とかが好きで、そういうシーンがあると、本編とはあまり関係ないですが、ラッキーだなと思います。最終話では飲茶を今泉くんと食べていたり、結構食事シーンも多かったように思います。私が第1シリーズで好きな回は、将棋の回と、FAXの回です。将棋の回では、今泉くんのほうが将棋に詳しくておもしろかったし、犯人だとわかる決定的証拠が洒落ていたと思います。FAXの回は、犯人役が鶴瓶さんで、その時点でおもしろいし、今泉くんの存在が犯人の自白に関わっているところが好きです。でも、他の回も
一様に面白かったし、おすすめです。

30代男性

 最初から犯人が判明している刑事ドラマを観たのは始めての経験でしたので、新鮮に感じました。後で知ったのですが、こう言った形式のミステリーを「倒序もの」というそうです。海外ドラマではコロンボ警部シリーズなどが有名ですが、国内ドラマでは珍しいパターンであるようです。ただ、この形式にはこの形式ならではの面白さがあると思わされました。最初から犯人がわかっている場合、物語の焦点が犯人役のゲストと古畑任三郎の対決にクローズアップされるため、最初から意識を集中して観ることができるからです。私はどちらかといえばドラマや映画を、出演している俳優さんで選ぶタイプの視聴者でしたので、「今回は●●さんと警部補の対決か」というように、ゲストと警部補の腹の探りあい、化かし合いを毎週楽しむことができました。最もお気に入りのエピソードは、第11回「さよなら、DJ」(犯人役 桃井かおり)です。このシリーズでは基本的に古畑警部補の推理力が犯人の知能を上回っており、毎回、犯人が警部補の機知にしてやられる展開で終わるのですが、この回では犯人が警部補に対して意趣返しのようなことをして終わります。事件の本質には全然関係がないのですが、古畑が興味を持って是非知りたいと言った事柄に対して、犯人が「一生教えてあげない」と笑うのが印象的でした。
 総じて本シリーズの最大の魅力は、犯人と警部補の掛け合いにあると思われます。とくに犯人役にお気に入りの俳優さんがいらっしゃる方にとっては、是非観ていただきたい作品です。

40代男性

最近は推理ミステリーというのは、ドラマでも映画でも、そしてアニメでもたくさんありますが、この作品が発端になったような気がします。それぐらいに、推理ミステリーというのをポピュラーにしたような感じがします。そして、推理という、一見取っ付きにくそうなジャンルですが、全く堅苦しさが感じられないというのが魅力なポイントだと思います。その中で一番活躍しているのは、やはりなんといっても、田村正和さんの役に入り込んだ感じの素晴らしい演技だと思います。トレンディー俳優の代名詞的な田村さんが、クセの強い古畑任三郎を演じるというのはギャップがありますが、見事にハマっていて、一つ一つの動作や仕草にもこだわりが感じられて、本当に良い演技をしていると思います。その行動などは、誰でも一度は真似したことがあると思います。そして、そんな古畑に弄り倒されている今泉えを演じている西村雅彦さんもキャラの効いた演技をしていて、とても良いと思います。古畑ははっきり言ってしまえばパワハラ上司で、今泉が可哀想に見える時もありますが、その関係性がコミカルで超絶に面白いと思います。そして、犯人役として、豪華なゲストが毎回登場するのも魅力だと思います。

30代男性

古畑任三郎は、アリバイ・トリックもよく考えつくなと感心させられるのですが、何と言ってもキャラクターが実に良いです。主役の田村正和が演じる古畑任三郎がすごくユニークで個性的です。特に当時、社会現象にもなった指を額に当て「え~~」と考えるシーンは、小学生だった私もよく真似をしたものです。部下の西村雅彦が演じる今泉との絡みも最高です。今泉が何かヘマをやらかすと、彼の額を古畑がぺちんと叩くシーンは思わず笑ってしまいます。特に二人の絡みのシーンで一番、印象に残っているシーンは、犯人のアリバイ工作を打ち破るため、古畑が「殺人現場から犯人が元いた部屋まで全力疾走したらどれぐらいの時間がかかるのか計りたい」と言い出し、今泉が全力疾走させられ、一往復で今泉がヘトヘトで帰ってきたところに、古畑が「時間がかかり過ぎだね、よし、平均を取ろう」と言い出し、今泉が何往復も全力疾走させられているシーンは爆笑でした。個人的には、この今泉が第二の主役と言っても過言ではなく、スピンオフで「今泉慎太郎」が制作されるほどである。また、三谷監督の秀逸な脚本と犯人役の数々の名役者の名演技が相まって、人が死ぬドラマをどうしても重く暗い雰囲気になるのですが、それを払拭して一話一話見終わる度に楽しくて、すがすがしい気分にさえなります。人が死ぬところが嫌いという方にも、ぜひ見て欲しいおすすめのドラマです!

30代男性

古畑任三郎といえば視聴率が20%以上を量産していた第二シリーズが有名だと思います。すでにそのころには定番のパターンが出来上がっていて古畑といえばこういう感じだよねというのがすでに成立していますが、この第一シリーズは型が出来ていませんのでやや試行錯誤感やプロトタイプ感を感じることが出来ます。とはいえ、初回からクオリティーは高いものです。初回の中森明菜の回からすでに変化球で勝負していて、これまでの刑事物とはどこか違うと思わせることに成功していると思います。脚本的には第二回の堺正章ゲスト回が最初でこの脚本が最初になります。それまで刑事ドラマへの出演を頑なに辞退し続けていた田村正和がこの脚本を手にとってオファーを承諾したという逸話もあります。毎回毎回異なるテーマを設定している点もすごいです。オーソドクスに犯人を追いつけるタイプや小道具、目撃者から突破口を開くタイプ、犯人のこだわりや価値観を利用して突破口を開くなど演出的には似たようなものに見えても、異なるテーマを設定して視聴者を飽きさせません。おそらく脚本の三谷さんは初回からして相当練り込んできたのだと思います。『振り返れば奴がいる』の中川が出演していたりと三谷脚本作品のスピンオフも見れます。一話完結のドラマとしては世代関係なく面白いと思える内容に仕上がった傑作だと思います。

40代男性

刑事ドラマとしては異色の作品だと思います。第2シリーズはある程度人気が出たあとでブームにも話題にもなっていたかと思いますが、第1シリーズを最初から最後まで見続けた人というのもさほど多くはないと思います。このドラマシリーズの特徴を1つずつ挙げていきます。まず1つめのポイントとして、冒頭で主人公の古畑からこのドラマのポイントとなる部分のコメントが挙げられます。それを踏まえたうえで、2つめのポイントとして、物語の主人公=いわゆる犯人役が最初に分かった状態であること、さらにその主人公が犯行におよぶまでの場面や犯行におよぶまでの背景がドラマとして放送されること。これらはいずれも従来の刑事ドラマ(当時であればあぶない刑事や2時間もののサスペンスドラマ)などではなかった斬新な取り組みです。3つめのポイントとして、それら犯行が終わったあとで、古畑が犯人役を追い詰めていき、さらには逮捕となるまでの人間味あるドラマです。刑事が取調室で追い込みをかけるような感じではなく人と人とのやり取りは見ごたえがありました。刑事ドラマらしくない、ヒューマンドラマのような感じで見ていてドキドキ楽しく見ていた覚えがあります。このドラマがきっかけになって脚本の三谷幸喜さんや西村まさ彦さんも一躍取り上げられるきっかけになったドラマとしても有名です。この自宅待機中に見れるなら見てみたいと思えるドラマです。

30代男性

古畑任三郎に関しては中毒性があるドラマという感想を持っています。田村正和が演じる古畑任三郎が独特な話し方で犯人への執拗な聞き込みというのも見ていて印象的な存在でした。犯人を怒らせて口を滑らす攻め方や、抜群の推理力というのも見ていて面白かったです。何もかも悟っているという古畑任三郎の自信みなぎる立ち振る舞いが個人的には好きでした。古畑任三郎の部下として相棒役の今泉もまったく仕事が出来ず古畑任三郎の足を引っ張るが最高に見ていて楽しい存在でした。古畑任三郎に毛嫌いされても近付いていく場面というのも笑えました。そんな今泉の天敵となる西園寺という存在も上手い登場人物だなと感じていました。仕事が出来て気がつくということで今泉の真逆をいく西園寺はこのドラマをより一層面白くしたなと思いました。個人的には木村拓哉が犯人の事件で古畑任三郎が唯一暴力を振るったのが記憶に残っています。あまりにふざけた動機に怒りを露わにした古畑任三郎というのも珍しかったんで、印象に残りました。ドラマ放送が終わってだいぶと時は経っていますがまた見たいなと思えるのが古畑任三郎です。最高傑作の推理ドラマだと思っている名作が古畑任三郎です。

30代男性

これまでの刑事ドラマの概念を見事に変えたドラマが古畑任三郎ではないかと思います。これまでの刑事ドラマといえば犯人逮捕のアクションやハードボイルドなシーンが多くあったイメージが、古畑任三郎はゆるい感じの刑事で新鮮さがあり良かったと思います。その古畑任三郎を演じるのが田村正和さんで独特の間や話し方がとても衝撃的で面白かったです。古畑任三郎においては、基本的に1話完結なので1話を見落としたとしても次の話は新しく見れるのでそれもすごくプラスかなと思っています。脚本家が三谷幸喜さんということもあり話のストーリーが上手く出来上がっているとともに上手くシリアスな場面とコミカルな面の強弱がうまくできていて見ていて飽きないのがとても良いかなと思っています。また、古畑任三郎の相方として西村雅彦さん演じる今泉刑事との絶妙な掛け合いも漫才を見ているようで面白かったです。古畑任三郎においては、主要キャストは古畑と今泉でそれ以外は毎回出演してくる犯人役となっています。犯人役においても第1話は中森明菜さんをはじめ、堺正章さんや小林稔侍さん、桃井かおりさん、菅原文太さんなど毎回、個性豊かな女優さん俳優さんが出演したのがよかったです。

30代女性

最初に犯人が分かってしまうというパターンのサスペンスはなかなかないので、初めて見たときは衝撃でした。オープニングも印象的で、古畑任三郎が始まったと毎回わくわくしました。音楽もゾクゾクさせるもので、期待を膨らませるような演出も素晴らしいなと思いました。冷静沈着でありながら、チャーミングな様子をときたま見せてくれる古畑がどんどんと好きになっていきました。田村正和さんの代名詞とも言える役だと思います。古畑はいつも事件のことをお見通しの様子で、なんだか安心して見れる作品でもありました。こんなトリックがあったのか、こんな動機だったのかと一回一回納得させられるので、見終わったあとはいつも爽快な気持ちになれました。そしてこのドラマの面白い点は毎回違ったゲストが出演する所です。しかもそのゲスト豪華なので、見応えがありました。犯人が古畑の追い詰めに対し、段々と焦っていく様子を見ていると、いつの間にか犯人を応援したくなっているときもありました。またこの作品で三谷幸喜さんの凄さを改めて思い知りました。こんな巧妙なトリックを考えられるのは天才だと思います。また犯人がわかっていながらもこんなに最後まで楽しめる作品にするのは凄いことだと思いました。

40代男性

古畑任三郎・第1シリーズでは石黒賢が犯人役の殺人公開放送が印象に強く残っています。石黒賢が演じる超能力者・黒田が自分で殺害した男を超能力で発見したように見せるというストーリー展開はワクワクさせてくれました。公開収録中で見ていた古畑任三郎が黒田を徐々に追い詰めていくのが見応えがありました。そして黒田が殺害したことを証明する推理というのも絶妙の難しさだったのを思い出します。説明を聞いて誰もが納得するパターンでこのドラマで1番好きな推理になっていました。難し過ぎず簡単という訳ではなく万人受けする内容だったのを高く評価しました。その他では笑福亭鶴瓶が犯人役だったのも印象に残っています。笑福亭鶴瓶が演じる幡随院が古畑任三郎に良いように遊ばれているのが笑えました。わざとらしい古畑任三郎のいじわるさというのが全面的に出ていて苛立つ幡随院というのが記憶に残っています。ファックスを使った犯行というのも斬新で三谷幸喜は流石だなと感じた瞬間でした。田村正和はたくさんのドラマに出演していますがやはり古畑任三郎で魅せる演技というのが最高に素晴らしかったです。何度も見たくなるのが名作だと思っていますがまさにそれが古畑任三郎です。

40代女性

古畑任三郎はシーズン1の一話から見ていますが初めて見た時は本当に衝撃的でした。普通何か事件が起きた後警察が捜査をして犯人を 見つけるために推理していくというのが普通でしたが古畑任三郎はまず犯人の殺害シーンからはじまります。そして毎回出てくる犯人役も皆さんとても豪華で俳優さんだけではなくお笑い芸人の方なども犯人役をやっていて楽しかったです。年代なども様々で古畑任三郎が犯人を追い詰めていく心理戦のような犯人とのやり取りが本当に本当に楽しかったです。特に私が心に残っているのが第2話の「動く死体」堺正章さんが犯人役だった時の犯人を追い詰める時の心理戦がすごくてハラハラして見たのを覚えています。普段はニコニコとバラエティで活躍されている小堺一機さんが犯人の回も最後に古畑任三郎が仕掛けた 罠にかかってしまって大慌てしているところはとても見ものでした。また最終回のベテラン刑事菅原分太さんが犯人役で出ていたところもとても渋く相手を尊敬しながらも追い詰めていく古畑任三郎の姿はとてもかっこ良かったです。ラジオ DJ 扮する桃井かおりさんが被害者を殺害して必死に走って戻ってくるシーンなども記憶に残っています。毎回とても豪華で田村正和さんとのやり取りは本当に素晴らしいものでした。

20代女性

田村正和にしかこの古畑任三郎役は絶対に演じきれないし、似合わないだろうなと強く感じさせられた作品でした。主役としてしっかり1番目立っていて自然な演技をされていて、あまりにも演技力が高いために何年も経った今でもこのキャラクターが定着しています。典型的な刑事ドラマとは少し違っていて、犯人が分かった状態で犯行に至るまでを追うという珍しいストーリーがまたユニークで面白かったです。また三谷幸喜監督作品だからこその面白さがふんだんに詰め込まれていて最高でした。毎回犯人役などで登場するゲストたちはどれも豪華で、事件が起きるごとにどんな役者が登場するのかと楽しみにしていたのもはっきりと覚えています。このドラマは作品のテーマ曲もかなり印象的で、メロディがとても作品のストーリーや雰囲気にマッチしていて最高でした。今でもすぐにメロディが思い出せるくらい頭に残っています。田村正和はこの間亡くなられてしまいましたが、彼が残した良作をまたこれから何度も見返して楽しみたいなと思います。昔の刑事ドラマながらも誰もが楽しんでみれるストーリー構成になっているのでまだ見たことがないという人にはぜひ一度は見てみてほしいです。

40代男性

私が何度見ても好きなのは、殺人特急です。たまたま新幹線に乗っていた古畑任三郎に事件に遭遇した。推測ですが、部下の今泉と出張の帰りだと感じました。古畑任三郎は、まず犯人が誰かわかる。視聴者からしたら最初に犯人がわかるというのは斬新でした。犯人を追い詰めていく古畑。もう痛快です。刑事コロンボを参考にしたと思います。コロンボも最初に犯人がわかります。追い詰めていくシーンはコロンボとダブります。新幹線で外科部長の中川と興信所の所長宍戸が話していた。もう犯人は外科部長の中川だと思って見たら、その通り当たりました。古畑はゆったりとくつろいでいると、乗務員が「お医者さんいませんか?」と言った後に、古畑はすぐに駆け付けた。トイレでぐったりとしている興信所所長の宍戸だった。古畑は漠然と新幹線に乗車しているのではなく、ちょっとしたことも記憶に残している。それが、外科部長が食べた弁当の結び方が、一般人ではないと推測したことです。無理やり連れだしてトイレでグッタリしている興信所所長の宍戸を診るが、なぜ?私が医者というのがわかったのか?何度も古畑に問いただしたが、返答はなかった。懇願されてしかたなく、腕をめくって注射痕があるか確認するがないので、これは事故です。と中川が言った直後に足も確認してくださいと言った。片方の足を診て、注射痕がないので事故ですというと、古畑はまだありますよというと、もう気の弱い私だったらごめんなさいと自白していたと思います。そもそも古畑は最初から中川のことを疑っていた。疑っていても証拠となるものがない状況だったので、実際に新幹線が停車中に足に注射をさすことができるのか?試してみたら、リクライニングを下げずにいた。古畑は凄いと感じたのは、中川と宍戸がこの席に座っていたことが分かったことです。くちゃくちゃ音がするので、中川は暴力団ぽいと言うと、古畑は後ろを振り向くとおばあちゃんが入れ歯のお手入れをしていた。もう最高でした。確かに音が似ているので、中川は間違えても仕方ないですね。密室での事件を推理で解決した古畑素晴らしいと感じました。

30代男性

海外ドラマの刑事コロンボに似ているものの古畑任三郎はとてもオシャレでスマートな所が素敵でブツブツ言いながら自身で購入した高級そうな自転車に乗って現れる斬新さには新しい刑事の誕生に思えていました。
古畑の言葉遣いは丁寧で品格の高い紳士そのものである事で、私生活が一体どうなっているのか全く想像がつかないようになっていた所と演じていた俳優の田村正和さんの神秘的な魅力とが重なり、もっと知りたいという思いがより古畑に興味を抱かせる巧みな手法になっていたかなと思います。
古畑の親しげな言葉の投げ掛けで容疑者にも隙が生まれ、粘着質な問い掛けと鬱陶しい纏わり付き行動が実にイヤらしく、次第に容疑者が追い込まれ自白に至る流れが面白く古畑が優秀な刑事とスマートに示していた所に、相棒となる刑事の今泉慎太郎の落ち着きの無い行動とオトボケ過ぎた発言によって、古畑の中にある少年のようなイタズラ心が動き出してのからかいが毎回行われる光景は可笑しく笑ってしまい、殺人という事件性のシリアスさと古畑と今泉のコミカルな日常という2通りの良さが絶妙に組み合わせていた所も優れていて、世界的に見ても刑事を題材にしたドラマ作品の中では飛び抜けていて比較が困難な程の傑作だと思っています。