緊急取調室4(2021)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

緊急取調室4(2021)の動画を無料視聴する方法

「緊急取調室4(2021)」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々2189円で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います

緊急取調室4(2021)の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第3話
 
まだ放送されていません
 

第3話の公式あらすじ

チケットは30秒で完売…世間が注目するボクシングのバンタム級タイトルマッチが、目前に迫ってきた。「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見光一郎(神尾楓珠)に挑戦するのは、元ボクサー・山内潔(阿南健治)に才能を見いだされ、デビュー戦以来4戦連続のKO勝ちを収めた元不良少年・石倉衆ニ(岡山天音)。正反対の2人の試合には、熱い視線が注がれていた。
 
ところが、対戦1週間前の会見が開かれた直後、事件が起こる。会見に出席していた週刊誌記者・梅本マサル(松本実)が、川に転落して溺死。亡くなる前に顔面を殴られていたことが判ったばかりか、石倉と一緒に事件現場付近を歩いている姿をとらえた防犯カメラ映像も見つかったのだ!
 
これを受け、警視庁捜査一課は石倉を任意同行することに。真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーには、石倉を取り調べて自供させるよう、刑事部長・北斗偉(池田成志)から命令が下る。だが、そもそも石倉を被疑者として引っ張るには、あまりにも決め手が少ない。キントリの面々は取り調べに難色を示すが、北斗は補導歴3回・暴力沙汰で少年院にも入っていた石倉の過去を持ち出し、犯人だと決めてかかり…。
 
偏見を持たずフェアな取り調べを――そう肝に銘じ、石倉と対峙する有希子。ところが、石倉は態度が最悪な上に、思いの外したたかに追及をかわし、容疑についても「素人を殴るわけねぇだろ」と一蹴。石倉の言動、そして右手に巻かれた包帯を直接確認した有希子は、彼が犯人との心証を強め…!
 
まもなく、梅本の銀行口座に不審な振り込みが2件あったことが判明。さらに、会見の映像を見直した有希子は、いつも戦闘態勢の石倉が加賀見に何か囁かれるや、一瞬だけ見せた不安そうな表情が引っかかる――。
 
<出典>テレビ朝日公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 

第2話の公式あらすじ

「小暮しのぶ」として潜伏すること50年…。突如、国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑の真相を明らかにすると宣言し、宮越が乗った飛行機でハイジャック事件を起こした活動家・大國塔子(桃井かおり)。しかし、塔子が宮越の第一秘書・東修ニ(今井朋彦)のアタッシェケースに忍ばせ、機内に持ち込んだという爆弾を確かめた「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は、爆弾が偽物だと確信。塔子の身柄を拘束した警視庁が「爆弾は処理中に爆発した」と発表したことに疑念を覚え、本物の爆弾は“汚職の証拠”だったのでは…とにらんでいた。
 
このハイジャック事件には間違いなく裏がある――。そう考えた有希子は、自ら塔子を取り調べようと奮起。だが、すでに取り調べは公安が担当することになっていた。しかも、警察の上層部が“爆弾”の隠蔽に一枚噛んでいるとするならば、有希子は間違いなく邪魔な目撃者だ。案の定、刑事部長・北斗偉(池田成志)は有希子に辞表を書かせることを交換条件に渋々、キントリによる取り調べを1時間だけ許可したのだが…。
 
その矢先、本物の小暮しのぶ(円城寺あや)が遺体で見つかった。しかも遺体の傍らには、塔子がハイジャック決行前に切ったおさげ髪の束が…! しのぶ殺害の容疑で塔子の逮捕状を別途請求し、取り調べ時間を延ばそうと画策する有希子。だが、北斗は頑として許可しない。
 
そんな中、ハイジャック事件で命を落とした東の息子・奨太(石田星空)がキントリを訪れ、父が飛行機に乗る直前に郵送してきたという筆箱を差し出す。中にはなんと、誰も想像すらしなかった“事件の骨組み”を示唆する重要な証拠品が入っていた! しかもこの証拠品、捜査を進展させるどころか、逆に有希子らの頭を混乱させ…!?
 
だが、時間は待ってはくれない。1時間という、あまりにも短い制限時間内に、“塔子の真の目的”と“事件の全体像”を明らかにすべく、不退転の覚悟で立ち向かっていく有希子。しかし、相手は50年前に7分間の名演説で名を馳せた、口の立つ女だ。当然のごとく、取り調べは壮絶を極め…!
 
<出典>テレビ朝日公式

第2話のネタバレはここをクリック
与えられた時間は1時間

革命家であり、学生運動時代に”伝説の7分間”という演説をした大國塔子が、ハイジャックを起こし、そこで国土交通副大臣の宮越肇を狙う。

しかし、宮越の秘書である東修二の命がけの抵抗により、塔子は逮捕され公安へと身柄が送られることになる。

塔子は、支援者である小暮しのぶの名を借り50年ほど潜伏生活を送っていたのだが、その小暮しのぶが遺体となって発見される。

塔子の取り調べを要求した緊急取調室の 有希子たちは、なんとか刑事部長の北斗から時間という短い時間を与えられる。

時間こそ短いが、取り調べの下準備は7時間もあると考え、小暮しのぶについて調べることにするのだった。

 
始まる取り調べ

小暮しのぶについて捜査を開始した有希子たちは、しのぶが経営するアパートの1階にある洋食店を訪ねる。

そこで店主の後藤から定期的に余った食材を提供していたことや、後藤がしのぶと交際関係にあったことを知るのだった。

そのことを知った有希子は、塔子が潜んでいたアパートにやってくると、そこでの生活を想像し、気持ちを推し量るのであった。

その頃緊急取調室には、警備部の山上に連れられた修二の息子の奨太がやってくると、小石川に修二から送られたという小包を手渡す。

そこには修二が使っていた仕事用のスマホが入っており、そのスマホには波島パーク疑惑の証拠となる情報が残されていた。

さらにそのスマホからは、定期的に公衆電話との通話記録があり、その公衆電話が塔子の潜んでいたアパートの近くのものだと判明するのだった。

修二が塔子と結託して事件を起こしたのではないかと考えた有希子たちは、さらに捜査をしようとするが、早期解決を目論んだ公安が予定時間よりも早く到着してしまう。

慌てる緊急取調班だったが、これまでのことを整理し、与えれた1時間という短い時間で塔子を追い詰める覚悟を決めるのだった。

 
取調室へ

有希子が事件の当事者ということや、辞表を書かされたということもあり、捜査の担当から外され、小石川と菱本が塔子の取り調べへとやってくる。

なんとか塔子を持ち上げた2人だったが、別室から看ているだけの有希子に腹を立てた塔子は、有希子を挑発し始める。

その挑発に乗ろうとする有希子だったが、北斗や他の署員にも公開しているということもあり、梶山はそんな有希子を止めようとする。

しかし、辞表も書き怖いものなしの有希子は、取調室に向かっていくと、ようやく塔子との対面を果たすのだった。

それに気がついた北斗は、大慌てで取調室にやってくると、公開映像を遮断するように伝え、有希子を引き戻そうとするのであった。

 
山上の気付いたこと

必死に止めようとした北斗だったが、梶山を初め緊急取調班のメンバーに説得され、今回の取調のデータを渡すことを約束し北斗を追い出す。

取調室では未だ塔子を落とそうと必死に語り描けるなか、その取り調べを見ていた山上は「おかしなことに気がついた」と語り初める。

宮越に呼び出された山上は、事件の映像を見返していると、修二が自ら命を絶ったように見えたと口にする。

サイバー班の玉垣は、その映像が加工されたものでないと突き止めると、確かに修二が自ら注射針を首に射すようにしていたことに気がつく。

そこで緊急取調班は、修二が塔子と結託して、宮越の不正を暴こうとしていたのではないかと推理するのだった。

しかし塔子は「敵対する政治家の力などはかりるはずがない」とその推理を鼻で笑うのであった。

 
与えられた7分間

そこで切り口を変えた有希子は、しのぶが何者かによって殺されていたこと、さらにはその遺体と一緒に塔子の切られたおさげがあったことを告げる。

そこで有希子は、後藤と結婚することになり、これ以上支援はできないと言われたことにより、しのぶを殺したのではないかと語る。

あくまでしらを切り通そうとする塔子に、覚悟を決める7分間を与えた有希子は、そこで最後の準備を整えるだった。

そして塔子は、あの7分間のことを思い出しながら、全てを否定しようとするしのぶに腹を立て、おさげて殺したことを自供させることに成功するのだった。

その後、修二の自殺が公表され、さらに公安の取り調べに黙秘する塔子のことを聞いた有希子は、警察組織が塔子の事件を揉み消そうとしているのではないかと考えるのであった。

第2話の感想はここをクリック
桃井かおりさんが2話連続での登場とあり、さらなる大きな事件が今後あるのではないかと匂わせる終わりかたでした。
 
それにしても、19歳役から70代役までこなす桃井かおりさんの演技力やその変わらぬ見た目に驚いた方も多くいるのではないでしょうか。
 
さらに「爆弾は爆発したことになっている」と語った塔子のあの意味深な発言がどんな意味を持つのか、桃井かおりさんの演じる塔子がラストにも出てきそうな展開にかなりワクワクしますね。

<見逃し動画>第1話
 
Tverでの配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

北海道警察へ出張することになった「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は羽田空港へ。保安検査場で、提示しなければならない持病の薬の処方箋が見つからず、オロオロしている白髪の老女と出会う。とっさに手助けをした有希子は、同じ便に乗るという老女と共に搭乗口へ。別れ際、老女が発した「いい旅を」という言葉に、何とも言えない引っかかりを覚えながらも、自分の座席へと向かう。ところが…出発時刻になっても、飛行機は一向に離陸しない! そんな中、安全確認のため離陸が遅れる旨を告げるCAの機内アナウンスを聞いた有希子は、その声から異変を察知。様子を探るため、CAたちがいるギャレーに駆けつけると、CAのひとりが「ハイジャック」と走り書きしたメモを見せ…!
 
有希子はすぐさまキントリに連絡を入れ、そのままギャレーへ突入。すると、そこにはCAにインスリンポンプを突き付ける、先ほどの老女の姿があった! しかも、老女は人が変わったかのような殺気をはらみながら、「私は国民青年派の大國塔子(桃井かおり)だ」と名乗り、ハイジャックを宣言。駆け込んできた警乗警察官・山上善春(工藤阿須加)が人質解放と投降を促すも、塔子は一切ひるむことなく、爆弾を機内に持ち込んでいることを明かし、同じ便に乗っている国土交通副大臣・宮越肇を呼ぶよう要求! 宮越の汚職疑惑の真相を本人に語らせ、現政権の責任を問うと息巻き…!?
 
実は、塔子は50年前に国会議事堂前で“7分間の演説”を行い、活動家集団である国民青年派と機動隊の衝突を止めた活動家。黒い鉢巻をしていたことから、「黒い女神」と呼ばれたカリスマだった。しかし、その後は潜伏を続け、今やその存在を知る人間も少ない。そんな塔子がなぜ、50年の沈黙を破り、ハイジャック事件を起こしたのか――。謎が謎を呼ぶ中、有希子は事態を収束させるため、自分が人質になると申し出る。だが、塔子はこれを拒否。一方、宮越も塔子の要求を拒絶し…!
 
そんな中、“あってはならない事態”が発生してしまう。宮越の代わりに塔子のもとへやって来た第一秘書・東修ニ(今井朋彦)が、揉み合いになった挙げ句、命を落としてしまったのだ! その結果、現場にいた有希子に、世間から非難の声が浴びせられ…!?
 
<出典>テレビ朝日公式

第1話のネタバレはここをクリック
ハイジャック

緊急取調室、通称”キントリ”は、真壁有希子の実力もあってか、その存在に大きな注目が浴びせられていた。

そんな実力を買われた有希子は、北海道での講演会にいやいやながらも向かうことになり、その直前管理官の梶山から「今後について話したい」と言われ、そのことが気になりながらも空港へと向かっていく。

その搭乗口で保安員ともめている老婆を発見した有希子は、親切心からその老婆の手助けをするのだった。

その老婆はお礼をいいながらも、同じ飛行機に搭乗する国土交通副大臣の宮越肇を発見すると、その宮越の不正疑惑について語り始めるのだった。

飛行機に乗り込んだ有希子は、そのごその老婆と別れるのだが、離陸直前、老婆が席を立つと、持ち込んだ毒薬と爆弾を持ち込んでいるとCAを脅しハイジャックを決行するのだった。

 
革命家・大國塔子

慌てるCAの様子からなにかを察知した有希子は、警察であることを告げ、そこでハイジャックされたことを知るのだった。

ハイジャックされたことをキントリにいる梶山に連絡すると「時間稼ぎをしてみせる」と交渉に向かっていく。

老婆に声をかけた有希子は、そこでその老婆が学生運動にも参加していた大國塔子であることを告げられるのだった。

それを聞いていた小石川や菱本は、塔子が伝説的な革命家であることに気がつき、有希子に警戒するよう伝えるのだった。

慎重に話をする有希子だったが、スマホを取り上げられると、そこで塔子から「宮越の不正に関する謝罪をすること」という要求をされてしまうのだった。

 
秘書の死亡

その要求を聞いた秘書の東修二は、宮越の元に向かうと「ここではっきりすることで世間からの誤解も解ける」と説得する。

それでも、宮越の護衛としてやってきていた警乗警察官の山上善春は、身の危険があるとしてそれを拒否するのだった。

宮越が来ることはないと伝えにやってきた有希子だったが、そこで東の鞄に爆弾を仕掛けたと告げると、逆上した東が塔子に襲いかかる。

勇敢に立ち向かった東だったが、塔子が持っていた毒を刺されてしまい、そのまま命を落としてしまうのだった。

その直後、山上が発砲したことにより身動きの取れなくなった塔子を、突入してきたSITによって取り押さえるのだった。

 
取り調べられる有希子

無事塔子を確保した警察だったが、この事件を公安が取り持つことになり、現場にいわせた有希子は取り調べを受けることになる。

そこで執拗に東の持ち物について聞かれる有希子は「全くわからない」と答えるが、山上を制止させようとした時の行動が公務執行妨害にあたるとしてさらに追及させられてしまうのだった。

公安の取り調べに違和感を感じた有希子は、この事件を調べようとするが、そこで梶山から「公安の事案である」と告げられてしまう。

さらにそれを聞いた小石川や菱本も乗り気ではない様子で出ていってしまうと、有希子は怒りを露にするのだった。

しかし小石川たちは、東の葬儀に参列し、そこで息子の奨太が宮越に「死ね」と呟いているのを聞き、その理由を探っていたのだった。

その頃、塔子が所持していた爆弾が偽物ではないかと考えた有希子は、その場にいた山上の話を聞くことにするのだった。

 
因縁

山上は爆弾であったと話したことが気になった有希子は、山上の元に向かっていくのだった。

キントリを目の敵にする山上は「父親はキントリだった中田善次郎だ」と語ると、なにやら因縁があるのだと冷たい態度をとるのだった。

その情報をキントリに持ち帰った有希子は、この事件は必ず解決したいと話すのだが、そこで梶山からキントリ解散が決まったと告げられる。

そのことに驚く有希子だったが「どうせなくなるならやってやる」と小石川や菱本、そして梶山を巻き込みいつもの円陣を組むのだった。

さらにこの事件の解決を急ごうとする上層部に疑問を感じた監物と渡辺も協力することになり、捜査を開始するのだった。

 
小倉しのぶ

捜査を開始した有希子は、塔子が使った偽名の小倉しのぶについて調べ始めるのであった。

しのぶのマンションを捜査しに行った有希子は、そこで変わり者として周囲から冷たい視線を浴びせられていたことを知る。

さらなしのぶに成り済ましていた塔子の髪が長く、お下げをしていたことを聞いた有希子は、部屋に飾られるおさげを見て疑問を感じるのだった。

その頃捜査許可を得ようと、刑事部長の北斗のもとにやってきた梶山は、なんとか許可を得る代わりに、有希子に辞表を書かせると約束してしまうのだった。

有希子がその決断に呆れている一方、山中でしのぶと思われる遺体が発見され、さらにその遺体とともにおさげが発見されるのだった。

第1話の感想はここをクリック
2年ぶりのキントリ復活に待ち望んでいたファンの方も多くいるほど、人気の作品が新シリーズとして帰ってきました。
 
相変わらずのキャラクターぶりや、なんといっても善さんの息子として工藤阿須加さんが出てくるなど、かなり見ごたえもありました。
 
そして1話から有希子が辞表を書かされてしまうかもしれないというピンチから始まり、これからの展開が楽しみですね。

緊急取調室4(2021)の内容

公式サイト

正式に義務化される以前から取り調べの録音録画(可視化)を実施し、“深い人間力”を基盤にした泥臭い取り調べで“被疑者の動機解明”に貢献してきたキントリ。ですが、今や取り調べの完全可視化は当たり前の時代。取り調べ動画や監視カメラの映像など、逮捕に踏み切る際に最重要視される“明確な証拠”も入手しやすくなりました。そんな中、キントリは警視庁から「役目は終わった」と判断されてしまうことに!しかし、映像だけでは見えてこない“真実”も、絶対にあるはず–。そう信じるキントリ・チームは“部署の消滅まで残り100日”という手厳しいタイムリミットを課せられる中、ひたすら真摯に目の前の事件と対峙し、被疑者の動機解明にまい進していきます。しかし、第1の事件から“想像を絶する戦い”が待ち受けていて…!?はたして、我らがキントリの運命はどうなってしまうのか…。そんな彼らの前に敢然と立ちはだかる強烈な被疑者たちとは一体…!?取調官と被疑者、そして警察内部の人間たちが織りなす“悲喜こもごもの人間ドラマ”
 
<出典>テレビ朝日公式

<出演者>

・天海祐希
・田中哲司
・速水もこみち
・鈴木浩介
・工藤阿須加
・塚地武雅
・でんでん
・小日向文世
・清水俊輔

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

緊急取調室4(2021)の感想

感想が集まり次第、公開いたします