孤独のグルメ シーズン9の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

孤独のグルメ シーズン9の動画を無料視聴する方法

「孤独のグルメ シーズン9」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

孤独のグルメ シーズン9の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第3話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

大きな荷物を抱えた井之頭五郎(松重豊)。たどり着いた先は東麻布にある「パナマ大使館」。五郎は取引相手の大使館職員(原沙知絵)と商談を終えたものの、ついでにパナマのコーヒーを飲んで感想を聞かせてほしい、と言われるのであった。日本人男性の代表としてのコメントと、圧をかけられながらも、なんとかその場を乗り切り大使館を後にする。広い公園で雨が降る中、五郎は缶コーヒーを片手に、久しく海外に行ってないことを考える。「ガイコク飯」が恋しくなり、気が付けばすっかり空腹になっていた。店を探していると、お宝が発掘できそうな雰囲気漂う「東京タワーwith東麻布商店街」を見つける。商店街には数々の料理屋が並んでいる。そんな中、五郎の目に留まったのは、「ギリシャ料理」。まさに、さっきまで考えていた「ガイコク飯」である。心奪われた五郎は、ギリシャ料理店の中へ足を踏み入れるのであった…。
 
<出典>孤独のグルメ シーズン9公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

仕事で神奈川県の二宮駅に訪れた五郎(松重豊)は商談までまだ時間が有り喫茶店で仕事をすることに。お店のメニューには、自由に組み合わせが選べるオリジナルパフェの文字が!仕事どころではなくなった五郎。悩みに悩み決められ無い五郎は店員に紙を貰い、ある作戦でパフェを決める事に。しっかりパフェを満喫した五郎は喫茶店を後にし、商談先に向かう。取引相手の南(松尾諭)は、奥さんのいないところでは口が達者だが、奥さんが来ると急に黙り込んでしまうのだ。南と商談を終えた五郎は気づけばすっかり空腹に。店を探すことにするが、なかなか店が見当たらず、さっきの喫茶店に戻ることを考える。すると、はるか前方に「金目の煮付」と書かれたのぼりを発見する。心惹かれた五郎はその店にむかうことに!海沿いに建つ『魚料理屋』で五郎は新たな食べ方を開発する…!?
 
<出典>孤独のグルメ シーズン9公式

第2話のネタバレはここをクリック
数千通りのパフェ

神奈川県中郡にある二宮駅に降り立った五郎は、商談まで1時間以上あることに気がつくと、残りの仕事を片付けようと喫茶店を見つけることにする。

駅近くを歩いていた五郎は『軽食喫茶 山小屋』を発見すると、そのレトロな佇まいや雰囲気のある看板などに惹かれて中へと入っていく。

早速パソコンを開いて、どの仕事から片付けるべきかを考えていると、そこにメニューが届けられ、五郎はそのメニューに目を落とす。

するとそこには、自分好みにアレンジできるというパフェが載っており、アイスやフルーツ、そしてソースやトッピングなど数種類が書かれていた。

「自分のオリジナルパフェが作れる」と感じた五郎は、仕事どころではなくなり、パソコンをすぐに鞄にしまうと、アイスから何にするかを迷い初めるのだった。

 
五郎特製パフェ

アイスやフルーツなども数種類あり、その組み合わせはなんと2千通り以上もあり、五郎は味を想像しながら悩んでいく。

しかしどうしても決めきれない五郎は、店員から紙とペンを借りると、そこでパフェのためのあみだくじを作成するのだった。

アイスやフルーツ、そしてソースなどをあみだくじでひとつずつ選んでいった五郎は、抹茶のアイスにパイナップル、そしてマロンソースという独特なパフェを注文することになる。

味の組み合わせがどうなのかと、緊張気味に食べ初めた五郎だったが、意外と抹茶とパイナップルとの相性に驚き「パフェの王道になるかもしれない」と考えながら、パフェを口に運んでいくのだった。

五郎がパフェを食べ終えた頃、隣にやってきた小さな少女は、バニラにバナナにチョコソースという王道の組み合わせを注文する。

その早さに驚く母親に「こういうのは、あまり迷ってもよくない」と語り、五郎はその言葉に苦笑いを浮かべるのだった。

 
家具職人

その後、家具職人の南もとを訪れた五郎は、そこでお客様からの要望を全て聞くにはオーダーメイドしかないと話し、仕事の依頼をするのだった。

手作り家具を信条とする南は、その仕様や部屋の雰囲気などを確認すると、五郎の依頼を引き受けることにするのだった。

五郎は南の工房にたくさんの道具があることに気がつくと、南はそのどれもが作品を作るのに欠かせないのだと語る。

職人気質の南は、自宅でも亭主関白のようで「妻には仕事の文句は言わせない」と語っているのだった。

しかしその直後、南の妻が工房にやってくると、今までの堂々とした南は成りを潜め、妻の強いもの言いにシュンとしてしまい、五郎はまたしても苦笑いしてしまうのだった。

 
金目の煮付け

商談も無事終えた五郎は、なかなか来ないタクシーを待つよりは駅まで歩くことを選ぶのだが、そこで空腹に襲われてしまうのだった。

先ほどの喫茶店に戻ることも視野にいれながら歩いていると『金目の煮付け』というのぼりが大量に出されているお店を発見する。

『魚処にしけん』と書かれた定食屋を見つけた五郎は、のぼりの数だけ自信があるはずだと、その暖簾をくぐることにするのだった。

店内に入ると、とても陽気な大将から「金目の煮付けでいいよね?」とメニューを決められてしまうなど、ペースが乱された五郎だが、その大将のペースに身を任せることにする。

そうして金目の煮付けの定食が運ばれてくると、五郎はそのふわふわとしてホロホロとした煮付けに感動し、箸が止まらずにいるのだった。

 
カップルセット

しばらく食べ進めた五郎だったが、どうしても刺身が食べたくなってしまい、刺身とご飯とあら汁を追加注文する。

すると大将から「それだとカップルセットになるな」と言われ、壁に書かれたメニューにその名前があることに気がつくのだった。

その後運ばれてきた刺身の舟盛りを見た五郎は、鯛やマグロ、ホタテなどに感動しながら、どんどんとそれを口に運んでいくのだった。

厚みも鮮度も申し分ない刺身定食に、ご飯を止めることができずに、どんどんと食べ進めていくのだった。

最後は海鮮丼にしようと、ご飯の上に刺身を乗っけていると、それに気がついた大将から、漬け丼用のタレを差し出すと、五郎は特製海鮮丼をおもいっきり掻き込むのであった。

さらに少しだけ残しておいた金目の煮付け定食にも、タレと一緒にご飯に金目を乗っけると、それを掻き込み二人前の定食を完食するのであった。

すっかり大満足の五郎は、その大将の人柄や美味しかったご飯を思い出し「次に来たら、またパフェと煮付けのフルコースにしよう」と考えながら帰っていくのだった。

第2話の感想はここをクリック
金目の煮付けに海鮮丼なんて、本当においしそうな組み合わせであり、松重豊さん演じる五郎の上品だけど必死に食べる姿に、お腹が空いてきてしまいました。
 
大将役に小堺一機さんが出てくるなど、とても魅力的なキャラクターも、このドラマのいい雰囲気の一つだなと思います。
 
さらに選べるパフェもまた魅力的で、あんなにあったらさすがに迷ってしまいますが、お気に入りの一品が作れるという楽しさもあり、一度は訪れてみたいですね。

<見逃し動画>第1話
 
Tverでの配信は終了しました
 
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

井之頭五郎(松重豊)は数年振りに横浜・白楽のキッチン友に訪れ空腹を満たす。満腹でボーとする中、滝山に紹介された商談相手・村井美咲(りょう)が待つ神奈川県の宮前平に向かう。商談中に突然、「滝山さんが言っていた通り」となぜか話が脱線し、村井が独身の五郎にお互いフリーだと突然アプローチをかけてくる。五郎は愛想笑いで誤魔化し、何とか商談を終える。気づけば夕方の 5 時になり、空腹を満たすべく店を探すことに。しかし、進んだ先がまさかの長い上り坂で、次第に暑さと空腹で息が荒くなりバテバテになる。やっとの思いで坂を登りきった五郎の目の前に現れたのは雰囲気漂う【とんかつ しお田】。渡に船と入店したが五郎を新たに悩ます難問、王道のロースと目覚めのヒレが立ちはだかる…。
 
【ロース】か【ひれ】と迷っていると、常連客の「この店で【ひれかつ】に目覚めた」の言葉にさらに迷うことに、悩んだ末【ひれかつ御膳】を注文することに。さらにシーフード欲を刺激され【魚介のクリームコロッケ】さらに【エビフライ】も1本追加注文する。
 
ザクザクのしっかりした衣に包まれながらも、箸で切れるやわらかいひれかつの食感を楽しみ、タコ・イカ大きな具がゴロゴロ入った歯ごたえしっかりの熱々クリコロを頬張る。
 
そんな中、常連の男性一人客(神奈月)が入店してきて開口一番【32度】を注文するが既に売り切れていた。五郎は何のことだか解らず追加で頼んだ絶品のタルタルソースが付いたエビフライを食べきり、次はロースを食べに来ようと店を後にする。
 
<出典>孤独のグルメ シーズン9公式

第1話のネタバレはここをクリック
神奈川県にやってきた

仕事先で美味しいものを食べることを何よりも楽しみにしている井之頭五郎は、同僚の滝山から振られた仕事によって神奈川県にやってきていた。

横浜・白楽にある『キッチン友』にやってくると、その変わらぬ美味しさやお店の雰囲気に大満足の五郎であった。

お店をあとにした五郎は、満腹でボーッとしてしまうが、滝山からの仕事を思い出すと、慌てて駅に向かっていくのだった。

川崎市の宮前平にやってきた五郎は、とある運送会社に向かっていくと、そこで村井美咲という美女に出会うのだった。

美咲は「滝山さんから聞いている」と意味深な発言をしながら笑みを浮かべて、倉庫の中へと案内するのだった。

 
どきまぎする五郎

事務所の椅子に座り、美咲に2つのドレッサーの写真を見せた五郎は、どちらにするか迷っている美咲を見つめていた。

その視線に気がついた美咲は、五郎に「どっちがいいと思います?」と尋ねると、五郎は2つの商品の説明をするのだった。

その説明を聞いて1つを選んだ美咲は、中学生になるおしゃれに目覚めた娘へのプレゼントなのだと語るのだった。

プレゼントをすると聞いた五郎は「素敵ですね」と語ると、マスクを取ってお茶を飲む美咲を見て「本当に素敵です」と呟いてしまう。

美咲は「娘はいるがシングルなのだ」と語ると、色気のある視線を五郎に向けて「滝山さんの言ってた通りだ」と笑うのだった。

五郎は滝山が美咲に何かを吹き込んだことに気がつき、どぎまぎとしてしまうが、なんとか商談を終え帰ることにするのだった。

その途中、お腹の具合から時計を見ると、すでに5時を回っていることに気がつき、食事をして帰ることにするのだった。

 
平じゃない

辺りを見回した五郎は、近くに食事ができるところが無さそうなことを悟り、宮前平駅前まで戻ることにするのだった。

駅前に戻っていく途中、五郎のお眼鏡にかなうような食事処どころか、飲食店すら見当たらず歩き続けることになるのだった。

さらに宮前平とは名ばかりで、坂の多いこの地域で登り坂ばかりの道に、五郎は思わず「まったく平じゃないじゃないか」とつっこんでしまうのだった。

きつい坂を上りきったところで、五郎はようやく”とんかつ”の文字を発見すると、やっと見つけたお店に安堵しながら『とんかつ・しお田』の前にやってくるのだった。

空腹の状態で登り坂を上がってきた五郎にとって、がっつりとしたとんかつはまさに絶好の食べ物であった。

 
ロースかヒレか

カウンター席のみの店内に、壁にかけられたメニューなど、その店のたたずまいに美味しさの片鱗を見た五郎は、カツにも大きさが3種類あることに気がつく。

さらにロースのヒレの2種類があり、無類の脂身好きの五郎は、隣の席の男性が注文したたっぷりのロースカツを見て決意を固める。

しかし、店の奥の若い男性がヒレカツを注文し、女将に「ここのヒレカツを食べて目覚めた」と話しいているのを聞いた五郎は、ロースかはヒレかで迷ってしまうのだった。

最後は、ヒレカツに目覚めてみたいという願望が打ち勝ち、普通サイズのヒレカツを注文するのだった。

ヒレカツが届くまでに持ってこられたごまをすりながら、ヒレカツの到着を心待にする五郎であった。

 
お箸が止まらない

そんな五郎の前に、ついに普通サイズのヒレカツが提供されると、げんこつサイズの大きいヒレカツに驚くのだった。

さらにヒレ肉はあげる前に切られており、お箸で簡単に切れること、そしてなによりその美味しさに驚くのだった。

若い男性が目覚めた理由もわかると感じながら食べ進めていく五郎は、追加でクリームコロッケを注文する。

海鮮クリームコロッケの中には、たこやいかなどの具材がゴロゴロ入っており、まるでグラタンを揚げたような豪勢なクリームコロッケに感動するのだった。

さらに物足りなさを感じてしまった五郎は、さらに追加でエビフライを注文すると、その大きさやタルタルソースの美味しさに大満足するのだった。

どれも抜群の美味しさに、五郎はお箸を止めることができずに、ついにヒレカツとクリームコロッケ、そしてエビフライを完食するのであった。

満腹感と幸福感に浸る五郎だったが、カツを食べてももたれない胃袋に、明日への活力を見いだすのであった。

第1話の感想はここをクリック
川崎市の宮前平にあるとんかつやしお田さんが登場しましたが、ロースもヒレもかなり美味しそうでしたね。
 
さらに海鮮クリームコロッケという、なんとも具材が贅沢な一品もかなり美味しそうで、深夜の放送ながらもかなり食欲がそそられてしまいます。
 
豚汁や特大エビフライもかなり美味しそうで、最後の最後まで食べる五郎さんの姿にかなりうらやましさを感じてしまいました。
 
そして冒頭にでてきたりょうさん演じる村井美咲がこの話しはおいおいと言っていたので、これからまた出番があるのか期待ですね。

孤独のグルメ シーズン9の内容

公式サイト

輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマです。2012年1月、深夜にひっそりと放送がスタートするや、食欲をそそる料理と松重豊が演じる五郎の大胆な「食べっぷり」や「心の声」が話題となり、ハマる人が続出!さらに、2017年から2020年と4年連続で大晦日の夜にスペシャルドラマを放送し、本作の続編を待ち望む声が高まる中、ついに最新シーズンが始動!
 
今回のSeason9では、家族経営などの小さなお店をメインに、コロナ禍で再注目&再評価される【独り飯】をさらに掘り下げ、お腹も心も満たしてくれる飲食店と主人公の物語を構成!選りすぐりのお店と共に、かつて訪れた懐かしのお店も再訪。果たして五郎はどんな街で、どんな絶品グルメと出会うのか!?そして、深夜だからこそ、お腹が空くこと間違いなしの絶品グルメシーンに五郎のたべっぷりと番組9年の歴史、今昔物語にも是非、ご注目ください!
 
<出典>テレビ東京公式

<出演者>

井之頭五郎:松重豊

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

孤独のグルメ シーズン9の感想

視聴後、公開いたします