ボイス110緊急指令室2の無料動画を1話からフル視聴する方法【最新話まで】

ボイス110緊急指令室2の動画を無料視聴する方法

「ボイス110緊急指令室2」

日本テレビの動画配信サービス「Hulu」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Huluのおすすめポイント>
 
・日本テレビ系列の人気のドラマやバラエティ番組が見放題
・60,000本以上の動画を見放題で視聴できます
・アニメ、海外ドラマだけでなく、スポーツ中継や音楽ライブも楽しめます
スマートフォンタブレットだけでなく、もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1026円で継続ですることができます
 
<Huluユーザーの声>

20代女性

Huluの良さは、60,000本以上の作品が見放題で楽しむことができるところです。月額は1026円ですが、そんな金額だけで60,000本以上の動画が見れるのはお得すぎます!最新の連続ドラマの見逃し配信やバラエティ番組の見逃し配信もされていて、その動画がいつでもどこまで見れるので、もうHuluなしの生活は考えられないかも♪

ボイス110緊急指令室2の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Hulu

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

ボイス110の前作はこちら
<見逃し動画>第3話
 
まだ放送されていません
 

第3話の公式あらすじ

薫の幼い弟・優太の連れ去り事件が発生!9歳の頃、塚田の性犯罪被害に遭っていた薫は、弟の残した絵に描かれた“ある物”を見て、犯人が塚田であることを直感する。樋口(唐沢寿明)は塚田の自宅にあった手がかりから、塚田がセメントを扱う工場を犯行場所として下見していたと推測。ECUのひかり(真木よう子)たちと協力し、塚田と優太の足跡を辿る!
 
巨大な廃工場にたどり着いた樋口と石川(増田貴久)は、塚田の使用していた自転車を発見する。同じ頃、工場内部の隠し部屋では、塚田によって、優太の身に危険が迫っていた……!
樋口と石川が呼びかける声を聞き、必死に答えようとする優太。しかし、狂気の塚田を前に、声を出すことができず、ひかりも音を捉えることができない!そんな中、樋口は、“ある作戦”を思いつくが……。その先にも難関が待ち構えていた!
 
そして、現場から逃走した塚田を追っていた石川は、逮捕直前、血を流す塚田の顔を前にして、突然めまいに襲われる……。実は石川は、白塗りの男の共犯者・純名を射殺した時のトラウマに苦しみながら、樋口にも相談できずにいた。
さらに、塚田が隠そうとしていた“重要な証拠”が発見されたことで、事件は思いもしない急展開を迎える……!
 
<出典>ボイス110緊急指令室2 公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 

第2話の公式あらすじ

樋口(唐沢寿明)の裏をかいた白塗りの男とその共犯者・二ノ宮純名は、樋口の息子・大樹を連れて逃走!倉庫で襲われた重藤雄二の兄・通孝率いる捜査一課も捜査に加わり、全力で逃走車両を追跡する。そんな中、ECUのひかり(真木よう子)は、拳を握りしめ、交際相手だった重藤雄二が殺害された時の映像を見直していた。「聞き漏らさない、犯人の音を。この耳で捕まえる−−」鬼気迫る表情のひかりは、犯人の足音の“ある特徴”に気づく……。
 
乗り捨てられた犯行車両を見つけた樋口は、石川(増田貴久)と手分けして犯人を追う。ECUから耳を澄ますひかりの力を借り、純名を追い詰める石川。しかし、純名は体に巻きつけた爆弾を見せると、近くにいた子ども達の群衆に向かって行き……!!
 
一方、樋口は、白塗りの男を追って雑居ビルの地下室に到着。目隠しをされた大樹を発見するが、白塗りの男の罠はまだ張り巡らされていた……!
そして、3日後―。白塗りの男は、大樹を解放する。しかしその痛ましく変わり果てた息子の姿に、憤る樋口。白塗りの男の真の目的とは一体何なのか――。
 
そんな中、樋口が石川を連れ、ECU緊急出動班の班長として復帰することが決まる。そして、純名が使った爆弾の特徴から、事件は意外な進展を見せる!さらに、ECUには息つく間もなく、新たな拉致事件の通報が入り……!
 
<出典>ボイス110緊急指令室2 公式

第2話のネタバレはここをクリック
ようこそこちら側へ

樋口の息子である大樹を連れ去った白塗りの男とその共犯者である女性を発見した樋口と石川は、大樹を解放するように伝える。

しかし共犯者の女性が石川に向かって発砲すると、その隙をつかれ逃げられてしまい、そのことはECUへと伝えられる。

その頃ECUにいたひかりは、恋人である重藤が殺されたことにショックを感じるが、犯人逮捕のためにと涙をこらえその映像を見返す。

すると犯人の男の靴には金属のようなものがついている音を聞いたひかりは、逃走した白塗りの男たちを追うために、無線で周囲の音を聞かせるようにと指示を出すのだった。

ひかりは、石川の持っていた無線から共犯者の女の足音を発見すると、指示された石川はその女を追っていく。

銃を向け制止を呼びかけるが、体に爆弾を仕込んだ女は、近くの庶民を巻き添えにしようとし、石川はその女に発砲する。

なんとか応急処置を試みる石川だったが、その女は「ようこそ、こちら側へ」と意味深な言葉を残し亡くなってしまうのだった。

 
白塗り男の狙いは?

その頃樋口は、新たに男の足音を聞いたひかりから、大樹を担いで逃げているようだと伝えられ、その後を追っかけていくのだった。

なんとか追い詰めた樋口は、廃倉庫の置くに監禁されていた大樹を発見するのだが、その背後から白塗り男がやってくる。

白塗り男は、樋口を誘い込むための罠だったと語ると、爆弾を樋口に投げつけると、樋口は大樹を守り吹っ飛んでしまう。

一瞬意識を失ってしまうが、すぐに目を覚ました樋口はなんとか大樹を助けようとするのだった。

しかし白塗り男は「席は開けた、そこに座るのはお前だ」と告げると、3日後に大樹を解放する約束をしてまたしても連れ去ってしまうのだった。

それから3日後、大樹を公園で解放するという連絡を受けた樋口たちは、約束通り大樹を発見するが、その腕には焼き印が押されており、樋口は怒りを露にするのだった。

 
憎しみに火をつける

大樹は外傷性ショックでそのまま病院に運ばれていくと、そこで樋口は「自分を班長にするために重藤が殺された」とひかりに謝る。

そして絶対に犯人を捕まえることを約束すると、石川とともにECUへの復帰が言い渡されるのであった。

そんな中、共犯の女性が二ノ宮純名であることが判明し、その爆弾が先日発生した市役所立てこもり犯が持っていたものと同一だと判明する。

その犯人に話を聞いた樋口たちだったが、その犯人は「あの方」と称する人物から送られてきたのだと、その人物や出所はわからないと答える。

さらに純名の部屋のパソコンからは、最近発生した凶悪事件の犯人について、かなり前から調べられていることが判明する。

樋口は、先日出会った白塗り男の様子から「憎しみに火をつけて楽しんでいるのだ」と犯人の狙いを推測するのだった。

 
誘拐事件発生

そんなECUに少女誘拐事件発生の連絡が入ると、16歳の武井薫が誘拐されたと樋口たちに伝えられるのだった。

さらに薫は、9歳のときに強制わいせつの被害者であり、その犯人の塚田が最近出所し近くをうろついていたのだと説明される。

薫の父親の良彦は、そんな塚田が犯人だと考え、包丁をてにして塚田の自宅へと向かっていったのだと言う。

薫の誘拐事件と良彦の犯行を未然に防ぐために、樋口は石川とともに塚田の自宅アパートへと向かっていくのだった。

塚田のアパートにやってきた樋口は、そこで包丁をつきつけられる塚田を発見し、なんとか良彦をなだめようとするのだった。

しかし興奮の冷めない良彦を落ち着かせるために、樋口は威嚇射撃をして良彦を落ち着かせるのだった。

 
塚田の嘘

その頃薫を追っていたひかりたちは、薫が通常通りバスに乗っていたことを突き止めると、その薫を無事保護することに成功する。

そこで、塚田に恐怖を覚えた薫が、自作自演で塚田再逮捕させようとしていたことが判明するのだった。

薫が無事であったこと、さらにその目論見を伝えられた良彦は、安心したのか、そのまま大人しく連行されていくのだった。

現場から立ち去ろうとした時、塚田が「鼻炎である」という言葉を聞いたひかりは、それが嘘であることに気がつく。

その嘘が気になったひかりは、塚田をさらに調べると、小児性犯罪者であり、子供にしか興味がないことを突き止める。

それを聞いた樋口は、薫には優太という幼い弟がいることを思い出すと、その優太に危険が迫っていることを感じていた。

その頃、ピエロ姿に扮装した塚田は、人気のない道を歩いていた優太に「遊ぼう」と声をかけ笑顔を見せるのだった。

第2話の感想はここをクリック
大樹を3日間監禁していた白塗りの男の正体や狙いがわからないまま次の事件が発生してしまいました。
 
かなり緊迫の連続で、純名を射殺した石川のことがさらっと流されてしまいましたが、あれにもかなり意味がありそうな気がします。
 
ピエロ姿で優太の前に現れた塚田を樋口たちは止められるのか、そしてかなり計画的に動いている白塗りの男が何をしようとしているのか、まだまだ考察しながら楽しみたいですね。

<見逃し動画>第1話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 

第1話の公式あらすじ

港東署緊急指令室(110番)の直轄チーム『Emergency Call Unit』(通称:ECU)は、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署。
 
室長の橘ひかり(真木よう子)と、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう!現場では爆弾を巻きつけた男が、妊婦を人質に声を荒らげていて……!ひかりは犯人の男の“声”に耳を澄ます。類まれな聴力と分析力を併せ持つボイスプロファイラーのひかりは、即座に男の特徴を掴むと、指令室の室員たちと連携し、鮮やかに男の身元と目的を割り出していく……!
 
一方、息子・大樹のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。被害者・純名を助け出し、犯人の男を追う!しかし、予め逃走経路を決めていた男は逃走。その直後、先に家に帰したはずの大樹と連絡が取れなくなり……。
 
<出典>ボイス110緊急指令室2 公式

第1話のネタバレはここをクリック
ECUの出動

様々な事件が起こる現代において、早期解決を図ろうとする警察はECUを発足し、多くの事件の早期解決をした実績を作っていった。

息子の大樹の治療に専念するために一線を退いた樋口に代わり、捜査一課長の通孝の弟である重藤雄二が2代目の班長として活躍していた。

そんなある日、市役所に爆弾をくくりつけた犯人が、妊婦を人質に取り「市長を出せ」と叫ぶのだった。

現場に急行した雄二と室長のひかりは、恋人同士であることから、阿吽の呼吸で犯人を確保するのだった。

その頃、大樹と帰る途中女性の悲鳴を聞き付けた樋口は、大樹の声掛けもあり現場へと向かっていく。

しかし完全に逃走経路を準備していた犯人に逃げられてしまい、近くの制服警官にその経緯を伝えるのだった。

 
2つの誘拐事件発生

署に戻ってきたひかりは、ここでのECUの働きが認められ、このシステムを全国展開させることになったと班員に伝えるのだった。

そんな喜びの中、少年から「拉致された」という110番通報が入れられると、それが大機の声だと気がつくのだった。

その頃樋口は、被害女性が消えたことや大樹と連絡がつかないことに不信感を覚えており、ひかりからの連絡で誘拐されたことを知るのだった。

Nシステムなどから大樹の行方を追っていたひかりは、さらにあれから雄二と連絡がとれなくなったことを心配していた。

そんな心配さらていた雄二は、何者かに連れ去られ、下半身を水に浸けられながら、その目の前にはランプを積んだドローンが飛ばされているのだった。

 
絶対聴感能力

大樹の行方を追いながらも、雄二のことが心配になっていたひかりのもとに、雄二のスマホから連絡が入るのだった。

音声がライブ配信されていることに気がついたひかりは、その音から雄二が拉致監禁され命の危険が迫っていることを知る。

雄二のスマホの電波や周囲の音からある程度の場所を特定したひかりは、別の班を向かわせることにするのだった。

一方、大樹の誘拐を知った樋口は、強引に捜査に協力することを決意すると、それを聞き付けた石川透が樋口を助けるために合流する。

2年ぶりのバディの復活を果たした2人は、大樹と雄二の誘拐事件を追っていくことになるのだった。

 
どちらか1人

そんな中、拉致されている場所から隙をついて逃げ出した大樹は、すぐに樋口に連絡をするのだった。

「病院のような場所で女の人に追われている」と話す大樹に、周囲の様子を尋ねるた樋口は、ひかりにその場所の解析を依頼するのだった。

とある廃病院に大樹がいると判明したひかりは、すぐに現場に急行するよう伝えると、大樹は近づいてきた足音に気がつき、電話を切って身を隠す。

ナタを持って近づく謎の女は、大声を出しながら大樹を探し回っており、物音を立ててしまった大樹はその女に再度捕まってしまうのだった。

大樹のもとへと急ごうとした樋口だったが、そこに犯人と名乗る人物からECUに連絡が入ると、そこで「樋口に大樹か雄二を選択するように」と伝えられる。

少し悩んだ樋口だったが、自分が雄二の監禁場所に近いことから、大樹をひかりに任せて雄二救出に向かうのだった。

 
あと10分

その犯人はECUのことを熟知しているようで、電話を切る際「クライシスタイムまであと10分」と伝えるのだった。

10分のカウントダウンを始めたひかりたちは、雄二の監禁されている場所の更なる絞り込みを進めるのだった。

現場にやってきた樋口はと透は、すぐに現場の確認や捜索をするのだが、なかなか指示された場所が発見できずにいた。

するとひかりは、とある農家の家に目を付けると、連絡を受けた樋口がすぐに向かっていき、慎重に屋内に入っていくのだった。

犯人がまだいるかもしれないと用心深く中へと入っていく樋口たちに、ひかりは残り1分となったことを告げ「助けてほしい」と必死に叫ぶのだった。

 
白塗りの男

その頃ECUに送信されていたライブ映像を見ていたひかりは、ドローンが落ちて一面火がまわるのを見ながら、なんとか助けてほしいと語るが、現場に付いた樋口は言葉を失う。

樋口は雄二がすでに亡くなっていることを伝えると、ECUの緒方拓海は、その映像に写った時計が10分早まっていることに気がつく。

ひかりは、犯人から連絡を受けた10分前に、すでに雄二が殺されていたことを知り絶句するのだった。

その頃現場にいた樋口は、外で大きな爆発音がすることに気がつくと、慌てて外に向かっていく。

そこで白塗りの男が火の奥にたち、樋口や透を挑発していることに気がつくと、樋口は怒りを露にする。

すると大樹乗せた車に乗ってきた女が現れると、女は大樹に銃を向け、慌てた樋口もまたそんな2人に銃を向けるのだった。

第1話の感想はここをクリック
2年ぶりにボイスが復活して、ひかりの絶対聴感能力など、変わらないキャストにもかなり興奮しました。
 
唐沢寿明さんは、昨年の24 JAPANから家族を人質に取られてばかりな上に、犯人を追いかけ続けたりとかなり大変ですね。
 
さらにあの白塗りの男の正体もネットでは早くも考察や予想などが飛び交っており、その正体にも注目ですね。

ボイス110緊急指令室2の内容

公式サイト

2019年7月期に放送され、「この夏イチバンの恐怖」と話題になった「ボイス 110緊急指令室」の第2弾。唐沢さん、真木よう子さん、増田貴久さんらが扮(ふん)する緊急指令室「ECU」捜査官の活躍を描くタイムリミットサスペンス
 
突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開けます!
 
<出典>日本テレビ公式

<出演者>

樋口彰吾:唐沢寿明
橘ひかり:真木よう子
石川透:増田貴久
緒方拓海:田村健太郎

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ボイス110の前作はこちら

ボイス110緊急指令室2の感想

集まり次第、公開いたします