推しの王子様の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

推しの王子様の動画を無料視聴する方法

「推しの王子様」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々976円で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

推しの王子様の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第2話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――
 
乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。
 
泉美から航を紹介された芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)、マリ(佐野ひなこ)ら『ペガサス・インク』のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。
 
そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。
 
<出典>フジテレビ公式

第2話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第2話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第1話
 
Tverで見る
 
第1話の公式あらすじ

日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。
 
起業する前の泉美は、保険会社に勤務し、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。そんなある時、友人から乙女ゲームの存在を教えられ、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われた泉美は、人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、ゲーム会社へ転職した泉美は、そこで出会ったトップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカ)とともに、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意したのだ。
 
真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美は、どんなに困難な状況でも絶対に諦めずひたむきに前へ進むタイプで、デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹)、デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、エンジニアの織野洋一郎(谷恭輔)ら部下からも厚く信頼されている。だがプライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱらケント様に夢中。週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する日を設けており、その日は近所の中華料理店で働くアルバイトの藤井蓮(藤原大祐)に毎回チャーハンを届けさせている。
 
『ラブ・マイ・ペガサス』は乙女ゲーム界で革命を起こしたと言われるほどの人気。ファンの一人である大学生・古河杏奈(白石聖)も夢中になっていた。
 
一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。開発資金集めに奔走する泉美は、経営の多角化を進めている水嶋十蔵(船越英一郎)が代表取締役社長を務める大手アウトドアメーカー『ランタン・ホールディングス』に出資を求めるも、あっさり断られてしまう。
 
<出典>フジテレビ公式

第1話のネタバレはここをクリック
自分の理想を乙女ゲームのキャラクターにした女社長の主人公の前に、ゲームのキャラクターそっくりなイケメン年下男子が現れた!?
 
 
女社長
日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームの会社「ペガサス・ インク」の女社長。以前は保険会社の事務員として退屈な日々を送っていましたが、ある時、乙女ゲームに出会い人生の生き甲斐に。それからゲーム会社に転職して、独立して起業。最初に制作した「ラブ・マイ・ペガサス」が大ヒットして、一躍有名人になりました。しかし、美人の女社長と言う側面からマスコミに取り上げられやすいと言うのは事実で、ライバルから「女で美人だと得だよなぁ」とひがみを言われたりもします。さらに、融資を頼みに行った取引先の社長は、企画書を読みもせずに「今度食事に行きましょう」とセクハラまがいのことを言ってきたりも。

 

「ラブ・マイ・ペガサス」以降、ヒット作が出ていないことも事実で、泉美は焦りを感じています。
 
泉のパートナー
泉美は、同僚の光井(ディーン・フジオカ)と飲みに行き、愚痴ります。光井はもともとは泉美が転職したゲーム会社のクリエイターで、泉美が光井が制作したゲームのキャラクターの大ファンだったことから、最初に泉美が話しかけました。光井は泉美の乙女ゲームに対する情熱に興味を持ち、自分の制作したゲームの感想を聞くようになりました。しばらくそんな関係が続き、光井は泉美の才能を見抜き、「2人で独立しよう」と持ちかけました。光井の見抜いた通り、独立した後の泉美の制作したゲームが大ヒット。それから2人は、仕事の良きパートナーです。

 

しかし光井は、泉美に対してそれ以上の好意を寄せているようです。
 
運命の王子様が空から降ってきた
光井と別れて泉美が歩いていると、「逃がさねーぞ!」と言う声が聞こえ、歩道橋の上から男性が飛び降りてきました。その様子は、「ラブ・マイ・ペガサス」の始まりの王子様が空から降ってきたシーンにそっくり。もちろんゲームのようにスマートに着地ができず、痛がっている男性を泉美が心配して近づくと、顔を上げた男性にさらにびっくり。なんと、ゲームの中に登場する王子・ケント様にそっくりだったのです!

 

「ラブ・マイ・ペガサス」のキャラクターであるケント様は、泉美の理想の男性を具現化したもので、まさに泉美にとっての“推しの王子様“。

 

酒に酔っていた泉美はその場で倒れてしまい、翌朝目を覚ますと、隣にはリアルケント様・航(渡邊圭祐)が寝ていました。昨日、泉美が目をさまさないため、仕方なく持ち物の中から免許証を取り出し住所を確認。部屋に連れ帰り、航が帰ろうとしたところ、泉美が「一緒にいて」と抱きついて誘ってきたと言うのです。
 
社長に直談判
新しいゲームの制作費の出資を、大手アウトドアメーカーの「ランタン・ホールディング」に交渉しています。いちどは断られましたが、泉美は諦めずに社長の水嶋(船越英一郎)に話をしに行きました。泉美が「推しは生きる力になる!絶対に乙女ゲームは世の中の女性に幸せを与えます!」と熱い思いを伝えると、水嶋は少し興味を抱いてくれました。

 

その会社のロビーの清掃のアルバイトをしていたのが航。泉美の姿を見て、泉美が会社の社長であることを知ります。
 
航を雇う?
航はちょうど、アルバイトをクビになりそうな状況で、仕事を探していました。泉美の会社を調べて、泉美に会いに行きます。「俺を雇ってくれ」と頼みますが、航は正社員の経験もなく、学歴もないため、泉美は断ります。「sausage(ソーセージ)」が読めなくて「サウサゲ?」と言ったり、「お引き取りください」の意味がわからず「引き取るって何を?」と手を出してきたり、明らかに常識がないのです。航は「ばらしちゃおうかな?見ず知らずの男と一夜の関係を持ったこと」と脅しますが、一夜の過ちを気にするような年齢でもないため、泉美は特にひるみません。

 

しかし光井は航のことを面白がって、「雇ってみても良いのではないか?」と言い出します。
 
私があなたの人生を変える
泉は会社からの帰り道、航がチンピラにボコボコにされているところに遭遇します。誰かに追われていたのは、借金取りだったのです。しかし金額を聞いてみたら、借金はたったの100,000円。

「100,000円!?だったの!?」と拍子抜けする泉美。

 

泉美はちょうど銀行に寄ったばかりで、100,000円をポンと差し出し、航を救いました。
航は殴られて怪我をしていたため、そのまま家に連れ帰り、手当てをします。出前も取って、食事も与えてあげました。

 

航は泉美の会社に来たときに、他の社員たちがみんなでアイディアを出し合っている姿を見て、「楽しそうだった。文化祭みたいだった」と羨ましく思っていました。航は生きるために必死で、楽しいこともないし、夢を持つ余裕もない。

 

泉美「だったらなんでうちの会社にきたの?何かを変えようと思ったから、行動したんじゃないの?」
航「あんたの言った言葉の意味が、知りたかったから」

 

泉が水嶋社長に熱弁していたこと。
「乙女ゲームは単なるゲームなんかじゃありません。人生を変えることができるんです!」

 

初めて家に泊まった時、航は泉美のフィギアをふざけて触り、泉美が怒ると「なんだよ、たかがおもちゃだろ」と言っていましたが、泉美のゲームに対する思いを知り、「これもあんたにとって大事なものなんだって、わかった」と言ってくれました。

 
 
航をプロデュース
航は「会社に押し掛けて悪かった」と諦めて帰ってきましたが、1人になった泉美は、夢もやりがいもなくただ人生を諦めるように生きていた昔の自分を思い出し、「彼は、あの頃の私だ…」と思います。そして航が住居としているネットカフェに行き、航を連れ出します。(履歴書で住所は確認)

 

「私があなたの居場所を用意するから。私あなたの人生を変えてみせる!」

 

お店に連れて行き、服を買ってあげて、髪型をセットして、完璧な男に仕立て上げました。

 

渡は、泉美が立て替えてくれた100,000円はいつか返すといいます。泉美にとってはそれほど大した金額ではなく、「そんなのいつでもいい」と言います。
しかし航は、

「100,000円は、“たった“じゃない。それだけは覚えておいて」
と言って、いつか返すと約束しました。

 

そして航は、「ペガサス・インク」の一員になりました。
 
航を知る謎の女性
航と初めて出会った日の翌朝、泉美は「リアルケント様に遭遇!でもめちゃくちゃ性格が悪かった」とSNSに投稿していました。それを見て、「私もリアルケント様に会いたい!」と反応していたのが、女子大生の古河杏奈(白石聖)。

 

「ラブ・マイ・ペガサス」の大ファンなのです。

 

そんな杏奈は、街中で泉美に連れられた航を目撃します。

「航くん…?」

航を知っているこの女性は、どんな存在なのでしょうか…?

第1話の感想はここをクリック
深キョンだったら
このドラマって、もともと深キョンのドラマだったんですよね。比嘉愛未さんが代役と聞いて、だいぶタイプが違うなぁ…?と思ったのですが、見てみたらとても比嘉愛未さんに合っている役に感じました。逆に深キョンだとちょっと合わない気がするのですが、脚本の修正が入ったのかな?

比嘉愛未さんは、基本できる女社長!でもプライベートではちょっと抜けているところもある…と言うイメージがありますが、深キョンは見るからに抜けていそうですよね。ディーン・フジオカさんが、こっそり片思いしていて、でも全然男として見られていない、と言う設定も深キョンだったらなんとなく似合わない感じがします。ディーン・フジオカさんの立ち位置が、「危なっかしくてほっとけないから、ずっと見守っている頼れるパートナー」って感じになっちゃいますよね。

 

でも深キョン&ディーン・フジオカのコンビはまた見てみたかった気もします。

 
 
マイフェアレディの逆バージョン
素材はいいけど環境からパッとしなかった年下男子を、金の力で超イケメンに仕立て上げていく…と言うところは、逆バージョンのマイフェアレディだなと思いました。こういった、冴えない→イケてるに変身するストーリーって、結構王道ですがやっぱりワクワクしますよね!渡邊圭祐さんはクセのある顔立ちで、好き嫌いは分かれるとは思いますが、確かに漫画っぽいし、ミステリアスな雰囲気があってぴったり!あの乙女ゲームの漫画も、めちゃくちゃ似せて描いてましたね!

 

航はかなり頭が弱い設定のようですが、ちょっと道明寺っぽい。道明寺も読み間違えとかすごくて、そのボケが毎回ストーリーのアクセントになっていて可愛かったですよね。渡邊圭祐さんに対してまだ世間は一定のイメージを持っていないと思いますが、この役でどんなイメージがついていくのか楽しみです。

推しの王子様の内容

公式サイト

物語は、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくもの。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長である泉美は、すべてを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちるゲームが異例の大ヒットを記録し、一躍、新進気鋭の経営者に。その泉美の前に、ある晩、航が文字通り“空から舞い降りて”きて、航は泉美を抱きしめます。信じられない展開に仰天する泉美でしたが、それ以上に信じられないのは、航の容姿がケント様にソックリだったこと。しかし航は、無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様でした。大失望する泉美でしたが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航を会社で雇い、仕事はもちろん、言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで教えることになり……。
 
<出典>フジテレビ公式

<出演者>

・日高泉美:比嘉愛未
・五十嵐航:渡邊圭祐
・光井倫久:ディーン・フジオカ
・古河杏奈:白石聖
・渡辺芽衣:徳永えり
・有栖川遼:瀬戸利樹
・小原マリ:佐野ひなこ
・織野洋一郎:谷恭輔

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

推しの王子様の感想

感想が集まり次第、公開いたします